新入社員トレーニング

完全個別対応密着型トレーニング3.jpg







20年以上、100社を越える旅館の現場活性化の支援を行ってきたからこそできる客室係トレーニング。

それぞれの旅館のやり方・スタイルに完全に対応した形で、弊社がそれぞれの旅館様へお伺いし、新入社員の客室係トレーニング研修を実施します。
トレーニング研修はOJT形式ではなく、新入社員だけを集め、別室で1日9時〜17時の時間を使い、徹底的なトレーニング形式。

期間は延べ約2週間を目安としており、ゴールデンウィークには一人で2組は担当できることを目指します。
研修終了後は毎日、感想レポートをノートに書いてもらい、提出。一人ひとりにコメントを記入し、返却します。毎日やりとりすることで、心のケアやモチベーションアップのサポートにもなっています。


年間フロー2.jpg

 

 

 

トレーニング研修内容3.jpg

1.和室での作法及び美しい立ち居振る舞い
正座の仕方・立ち方、正座での美しく且つ好印象を与えるお辞儀の仕方、襖の開閉から始まり、和室で音を立てずに歩くコツ、上座下座、和室の各設えに至るまで実習トレーニングします。

 okigi1.jpg
2.お茶煎れ
客室で提供するお茶は、お客様が到着されて初めて口にするものだからこそ、美味しく煎れることが要求されます。お客様が見ている中、美しい姿勢で美味しく煎れるやり方をトレーニングします。



 ocha1.jpg
3.客室でのご案内
館内施設や客室内各種アメニティに関するご案内説明。その際、お客様への目配りの重要性や、会話の切口、周辺観光施設のご案内の説明etc・・・。
説明トークがわずか一日でスムーズに出来るよう実習します。



 otsuki2.jpg
4.夕食・朝食の提供
空の器を使い、料理の準備、後出し料理の提供の仕方・器の下げ方、印象に残る料理説明、後片付けに至るまで、何度も繰り返し練習をします。ゴールデンウィーク前後には、一人で2組〜3組のお客様を担当できることを目指します。


 dinner3.jpg
5.飲料研修
各旅館様の飲料メニューに合あせ、お料理とのマリアージュを考慮した具体的なお酒の勧め方を教えます。また、旅館様によってはワインやシャンパンの開け方の講習をする事も可能です。


 drink2.jpg
6.宿泊体験
私どもはご依頼を頂戴した旅館様に必ずお願いしているのが、「宿泊体験」。新入社員を普通のお客様として旅館に泊まらせます。泊まることで、仕事を早く覚え、お客様の視点が身に付きます。


 taiken1.jpg
7.プレデビュー
一人立ちする直前に幹部社員・先輩社員がお客様役となり、一般のお客様と全く同じように旅館に宿泊。新入社員が客室係役として、お出迎えから翌朝の朝食提供・お見送りまでやります。


 predevuet1.jpg



 




<その他研修風景>

 

 ojigi2.jpgman2.jpg   drink1.jpgdrink5.jpg
 ●首・背中・腰が一直線になるまでお辞儀を何度も練習
●男性客室係も年々増えています
●お酒は飲んでみないと、自分の口できちんと説明できるようになりません。オーダー数の多い飲料を少しずつ試飲します
     
   senpai2.jpgsenpai3.jpgsenpai1.jpg
   ●先輩社員も要所々々で、”モデル見本”としてトレーニング研修にご参加いただきます。先輩のやり方を見ることで、「自分もあんな風にできるようになりたい!」と憧れるようになり、トレーニング内容も確実に身に付いていきます

新入社員教育ページに戻る.jpg

 

 



研修のお申し込み.jpg