2018年夏へ向けてのスポットコンサルティング

この夏、「食事が美味しい」宿としてもうワンランク上を目指したい方へ

「行って良かった」「また行きたい宿」
”食事”は宿泊客にとって旅館に泊まる大きな楽しみのひとつです。
特に宿を評価するとき(=クチコミコメントを書くとき)、コストパフォーマンスの良し悪しに大きく左右するのは、温泉よりも”食事”です。
ですが、多くの旅館様は、同温泉地内の他の宿と似たような料理を提供していることが多いのではないでしょうか?かと言って、料理内容は調理場任せなので、どんな料理を出したらいいか分からないで困っている、悩んでいる・・・。

せっかくの温泉旅館の旅。他の宿とは違う「美味しかった!」と評価してもらえる上質な料理を提供するお手伝いをさせて頂きます。
この夏、他の宿とは違う「本物の美味しい料理の提供」に挑戦してみませんか?

<よくあるご質問>

Q:いきなり外部のコンサルタントから新しい料理の献立を提案されても、料理長の立場もあるので、どうやって料理を変更していけばいいのでしょうか?料理長を説得できる自信が・・・。

A:ハイ。もちろんです。まず既存のお料理、この夏に提供しようと思っておられるお料理を全否定することは致しません。あくまでも、料理長がお考えの献立がベースにあり、それを元に、どう修正・改善・変更して、更に上質な献立組にできるかです。もちろん、変更する場合も、事前に社長や女将の既存の料理に対するお考えを聞きますので、それを加味した上での修正・変更です。決して私どもが考えるお料理を押し付けることは致しませんのでご安心ください。


Q:お料理の提案と変更はどんな風にされるのでしょうか?社長や女将に言われても、うまく料理長に伝える自信がありません。かと言って、料理長に外部のコンサルタントの話を聞きなさいとも言いずらいです。

A:よく分かります。料理長と直接お話ができない場合は、修正点は後日、資料にまとめてお渡しするように致します。
また、新しいお料理を提案させていただく場合は、写真付・レシピ付でご提案申し上げます。その資料をご覧になれば、どの料理人さんも作ることができるものです。


Q:もし、新しいお料理を何品か提供するとなった場合、提供するスタッフはそれについていけるのでしょうか?料理の説明、出し方などはどうすればいいですか?

A:これもよくいただくご質問です。お料理の説明トークやオペレーションについても、試料にまとめてお渡ししますのでご安心ください。三回のご訪問コースをお選びいただいた旅館様には、試料をもとに、サービススタッフを対象にお料理の提供研修も実施致します。

 


スポットコンサルティングの流れ

 

  1回のご訪問
(1泊1日 × 1回)
3回のご訪問
(1泊1日 × 3回)
1回目 1.ご訪問前に貴館のHPを確認いたします

2.貴館にご訪問(午後着)
■社長や女将と既存のお料理に関することについてお話を伺います。お料理以外の悩みももちろんお伺いします。何でもおっしゃって下さい。
■その後、館内を一通り拝見します。
■夕食をいただきます。(複数のランクを食べることも可能です)
※サービススタッフの現状を見る為に、一人でいただきます。
■翌日、10時〜12時半を目安に、社長や女将にお料理の修正・改善点をまず口頭でお伝えします。また、HPでの訴求方法や宿泊商品についての改善策についてもお伝えします。
■後日・・・
料理の改善、新しい料理についてはレシピ付で試料にまとめてお送りします。
サービススタッフ向けお料理の提供及び説明トークに関する試料もお送りします
2回目 − なし − (初日〜午後到着)
■前回の修正箇所を受けて、修正した料理をいただきます。
■新しいお料理を提案した場合も、いただきます。


(2日目)
■料理写真の撮影を行います。(必要に応じて)
HPで掲載するのに「もっと美味しそうに見える」ように撮影しますが、専属のカメラマンに頼むので撮る必要がない場合は遠慮なくおっしゃってください。
※撮影した料理写真は、加工して後日、CD-ROMにてお送りします(撮影をしても追加コンサルティングフィーは発生しません)
3回目 − なし − ■サービススタッフを対象に、お料理の提供研修を実施いたします(2〜3時間)
費用
¥150,000
※消費税は別途かかります
※旅費交通費は別途申し受けます
(1回のご訪問よりプラス8万円)
230,000
※消費税は別途かかります
※旅費交通費は別途申し受けます



telinquiry1.jpg
  mailinquiry1.jpg