第26回旅館業経営政策提言セミナー

現在、”民泊”や”インバウンド”など業界を取り巻く様々な言葉が溢れ、そこに接している日々です。実に正しい姿ですが、”インバウンド”が本当に皆様の宿を救うのでしょうか?皆様の宿の将来を作るのでしょうか?
目の前の旅館業界を取り巻く環境に接する事も大事ですが、それとは別に自社自館の将来のことを真剣に考える事が必要です。

昔から言い続けています。
経営とは未来を管理すること
未来を管理するとは、情報を管理すること

インバウンドのような業界全体の大きなテーマ・課題よりも、もっともっと自社自館のことを考えての情報整理が必要だと思います。業界全体のことを考えてもその前に自館がダメになってしまっては話になりません。
自館の未来のための取り組みが必要なことは当然ですし、そのための情報の整理も必要です。
しかし、それ以上に必要な取り組みとは、自館の未来像を明確にすることです。今が繁盛しているから大丈夫などということはあり得ません。『得手にて栄え得てにて滅ぶ』というのは、業種業界を超えた絶対的なルール。そのマイナス的なルールに逆らうためには、新しい得手を作り上げ、新しい客を造り続けなくてはなりません。その繰り返しでしか、成長し続けることは不可能です。その『新しい得手』を何にするのか?それはどんな形なのか?を常に研究し、考えなくてはなりません。
自社自館の未来を未来像を真剣に考えるセミナー。第26回目を迎えます。ぜひご参加ください。



2018年12月11日(火)13:00〜

第26回旅館業経営政策提言セミナー 
2019年経営テーマ決定

『最適化』



”人手破綻”がじわりじわりと旅館業界にも現実的なものへとなってきました。
旅館業界は、人がいなければ企業が成り立たない最たるものです。

=======================
脱 コンビニ旅館
脱 画一的サービス
脱 画一的料理
脱 画一的客室
=======================
私たちが営んでいるのは、「日本旅館」。日本旅館の誇りを取り戻そう!として、第25回旅館業経営政策提言セミナーで、お話させていただきました。

日本旅館として誇りある経営をしつつ、人手不足問題との直面。
これをどう考え、宿を営んでいくのか?


サービスの最適化
料理の質・提供方法の最適化
組織(マネジメント)の最適化
宿泊料金の最適化
業務オペレーションの最適化
勤務体系の最適化
etc・・・

 

 



『最適化』を切口に、これからの宿の経営についてお伝えする予定です

 



<過去5年間の経営テーマ>

第25回 日本旅館の誇りを取り戻そう
第24回 なんとなく・・・との訣別
第23回 企業(宿)の”質”を高めよ
第22回 宿屋のブランディング
第21回 未来への確信〜人を育てて宿を育てる〜

 


<開催要項>

 


  • 日にち:2018年12月11日(火)13:00〜17:00
  • 場所:東京有楽町
  • 参加料:お一人様32,400円(税込)/お二人様目以降27,000円(税込)
  • セミナー後の食事会(任意でのご参加)

 




お申込みは下記フォームより承ります。おなじみ様は直接お電話やメールなどでご連絡ください。


旅館名(必須)

(例:山田旅館)
法人名(フリガナ)(必須)

(例:鰍cWC(ディーダブリューシー))
お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
役職(必須)

(例:社長)
郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
FAX(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
参加人数合計(必須)
二人目以降のお名前・お役職 他備考
※2500 文字以内でお願いします

(複数ご参加の場合、二人目以降のお名前(お役職)をこちらへご記入ください)
食事会参加の有無
※2500 文字以内でお願いします

(セミナー終了後の参加の有無と参加の場合、人数をお知らせください)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。
info@o-dwc.com