新入社員教育

新入社員が入社して約一ヶ月。まだまだ間に合います!

<「研修」という都合のいい便利な言葉でごまかすのはやめましょう>

新入社員研修、新入社員教育。
時代と共に新人教育のハードルが上がったと感じておられる企業様は多いのではないでしょうか?
ゆとり教育で育った若者達。「打たれ弱い」「自分で考えず、指示待ち人間が多い。」「人や周囲に無関心」「自分のやりたい事探し」「無理しなくていい。自分ができる範囲でやればいい。」「離職率が高い=定着率が高まらない」「人手不足で採用が難しい」
こんな言葉が飛び交う時代です。
そんな時代に合わせ、このような悩みや高いハードルと感じられておられる企業様を対象に、我が社は『新入社員教育』にかなりの重点を置いた研修を実施しており、数多くの実績を出しております。


年間フロー2.jpg




<”教育”と”トレーニング”の違い をご理解ください>

教      育 トレーニング
・学生の身分と社会人になることの違いとは何か
・会社組織に属するということはどういうことなのか
・社会の原則
・人生成功の条件
・働いていくことの意味
・仕事の報酬とは何なのか?お金が全てなのか?


(サービス業には)
・旅館業界の業界特性
・旅館業の歴史
・サービス業に携わるにあたって最も大切なこと
・貴方の人格こそが宿(店)の価値
・最高のサービスとは?自分勝手に思い込むな
・職へのプライド=就社ではなく就職の意味
・最低でも3年間1000日は頑張ること。自分を会社に合わせること
・挨拶の仕方
・ビジネスマナー


(旅館業)
・和室における作法及び立ち居振る舞い
・着物の着付け
・フロントから客室へのご案内
・客室でのお茶出しとご案内
・夕食及び朝食提供
・飲料の勧め方や知識
・周辺観光に関する知識
・部屋点検の仕方

新入社員トレーニングを詳しくご覧になりたい方はこちらをクリック



<トレーニングに入る前に必要な『教育』とは>
DWC佐藤Hp.jpg多くの企業様は、右側の「トレーニング」の部分のみを新入社員研修として実施されていると思いますが、残念ながらこれらは、新入社員研修に必要な内容の30%に過ぎません。これらは、仕事のやり方やスキル、その為に必要な知識を習得することが目的です。


一方、我が社が5年以上前から、トレーニングの他に新入社員研修に”必要不可欠”と位置付けて取り組んでいる研修。それが『教育』です。
■仕事を通して成長できる事の素晴らしさ

■仕事は大変。だからこそ楽しい
■プライドを持って働く

このような事を若者に知ってもらい、仕事でハードルにぶち当たった時、それを乗り越えられるだけの強い心を持たせなければなりません。自ら考えて行動できる思考力をつけなければなりません。素直・プラス発想人間でなければなりません・・・。座学全体写真Hp.jpg



そうでないと、いくら優秀な新卒を採用しても定着率が高まることは望めません。本当の意味での人財にはなりません。
企業の成長=人の成長 と言われるように、特にサービス業においては人に拠るところが多い業界は、結局は企業として、進化・成長は望めませんし、強い繁盛旅館(店)の道を歩むことは出来ません。

働くにあたり、最もベース・根幹となる部分の『教育』こそが、今の時代は大事です。

新卒を採用された企業様で、トレーニング研修はやっているけれど、”教育はやっていない”という企業様には、ぜひこの『新入社員教育』をおすすめします。



<新入社員教育の具体的な実施について>

■各企業様に我が社の佐藤がお伺いします
■座学スタイル形式 /10時〜17時(途中休憩をはさみます)
■実施期間は、1日・2日・3日・4日・5日。 各企業様に応じます。
■費用については、ご参加人数に応じて異なりますのでメールにてご連絡ください。(通常の月次コンサルティグフィーよりもかなりコストを抑えた金額で提供させていただいております)
■新入社員教育の承り期限は特にございません。いつでも応じます。
■座学の内容は、上表に記載された項目についてお話させていただきますが、ご依頼の日数により、全てお話することはできませんので、予めご了承ください。特に”1日”だけの座学ですと、「社会の原則」「働いていくことの意味」「学生の身分と社会人になることの違いとは何か」の基本的な事の話が中心となり、「旅館業の特性」や「職へのプライド」「モチベーションの維持」などについては時間の都合上、お伝えすることが難しいのでご了承ください。
■座学実施後、感想レポートを書いていただきます。そのレポートに佐藤がコメントを記入し、フィードバック致します。


人生の内で何度も受けられるものではない『新入社員教育』。せっかく採用した大切な新入社員だからこそ、聞かせたい・社会人としての道を正しく歩んで欲しい。ぜひ時間を作ってあげてください。



研修のお申し込み.jpg