旅館経営で困ったこと、ありませんか?

It's me(walk)原画(100).jpg私たちの、最も多いクライアント様は“旅館業”です。

北海道から九州まで、クライアント様は日本全国にいらっしゃいます。
 コンサルタントは、地域限定での業務展開では、ノウハウが蓄積されません。日本中の宿にお伺いするからこそ、様々なノウハウを身につけることが出来る事は間違いありません。『トップコンサルタントは全国行脚』と言うのは、コンサルタント業界の常識でもあります。「地域色豊かな料理を…」と言っても、売れなければ宿としては失格です。宿泊客から評価を貰えなければ、意味がありません。その“地域色”という言葉は、世の標準を知っているからこそ、より価値を見出すことが出来るのです。“今評価の高い料理はこんな料理”というベースがあるからこそ、地域色を活かす事が出来るのです。
 どんな宿でも料理でも、評価されなければ、ただの独り善がりに過ぎませんその当たり前の事を理解しないから、宿が売れないと考えなくてはなりません。 そのために、私たちは時間がある限り、自分たちでも全国各地を飛び回り、見て食べて接して学ぶ事を続けています。

しかし、クライアント様全てが旅館業なのか?と聞かれたら、その答えはNOです。


 旅館だけに留まらず、大手チェーン企業・食品メーカー・小売業や飲食店などのサービス業など、クライアント様の業種は多岐に亘ります。「そんな事じゃ専門知識が…」というご意見も聞こえてきそうですが、果たしてそうでしょうか?私たちは専門バカにはなりたくありません。旅館だけを見ているから、見えなくなることがたくさんあるのです。小売業だけを見ているから、見えなくなることがあるのです。メーカーの方が、自社商品だけを見ていたら、何の商品開発も出来なくなるのと同じ事です。

 和食飲食店の方に、旅館で人気の料理をご提案する。その逆も当然あります。旅館料理を見ているからこそ、食品メーカーの方にご提案出来る内容もあるのです。家業的経営の小売業様を見ているから、大手チェーン企業の方にお伝えできる事もあるのです。
 なぜならば『原理原則は変わらない』からです。

 経営のヒントは、日常生活の中にたくさんあります。
 それらをヒントとして、経営の中に取り入れることが出来ている企業と、なかなか出来ない企業が、業績の差となっている部分もあるのです。
ヒントを学ぶため、様々な業種・業界から学ぶ・ルール化する。
それが私たちの特徴です。